政党政治とトラブルなどについて勉強していました

政党政治について研究しました。日本の政党政治は、西洋にくらべると歴史が浅く、さまざまなことで多くのプロセスをかかえている。第最初は、政治費用の問題です。日本の政党は、一般的に党員が少なく行為資金が欠落し気味ですそうです。このため、政党が特定の法人や株式会社から行為費用を受け取る代わりに、実益供与を行なう金権政治や中身汚職が生じ、国民の政治不信が高まったこともあるそうです。第二は、派閥の問題です。大政党の党首は派閥距離の仕度によって決まり、もう一度派閥を中心に人事や資金が動いているといわれます。第三は、党議制約の問題です。議員が加入する政党の支払いです党議は党本社で決め、党加入の衆参両院議員を拘束します。そのため、議員の自由なコメントや打ち合わせを阻害する場合があるそうです。政党への不信やジレンマが国民の間で政党別れ症状を起こし、無党派域の伸展が顕著になってきているそうです。このことを勉強して、政党別れが使い切るケースが来ればいいなと思いました。ベルタ葉酸サプリ買える場所